スシロー醤油ペロペロ少年について思うこと、という話

サラリーマンの独り言

mutoです。

表題の少年に対し、スシローが6,700万の損害賠償請求をさらに増額する予定とのこと。

スシロー、しょうゆ差しなめた少年への賠償請求額を増額予定 6700万円請求訴訟(産経新聞) - Yahoo!ニュース
大手回転ずしチェーン「スシロー」の店舗で客の少年が卓上のしょうゆ差しの注ぎ口をなめる動画が拡散した問題を巡り、スシローを運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)が岐阜県の少年に約6700万円の損

金額を聞くと凄いインパクトですが、

実際に少年がやったことに対する対応にかかったコストや直接的な売り上げ減、

これから同様の犯罪を抑制する意味などを含めると妥当なのかな、とも思います。

この事件はスシローや回転ずし業界だけではなく、

外食業界に大きな経済的ダメージを与えていると思います。

実際、事件後私がたまたま入ったラーメン屋では紅ショウガや胡椒等、すりごまなどは

以前のように各テーブルの上にセルフ形式で置かれなくなっていました。

壁には「ご入用の方は店員にお申し付けください」というPOPが張られていました。

すべての外食業とは言いませんが、このような対策を取らざるを得なくなった

企業は多いのでは?と推測します。

細かい話にはなるのですが、こういった対応一つ一つが積みあがって

原価となっているわけです。

ただでさえ、爪の先に火を灯すような細かな企業努力で産業として成り立っていることが多い外食産業。

今回少年がやったことは、結果としてこのような企業努力を踏みにじり

産業全体を破壊するような行為だったわけです。

今後、少年側は弁護士を通じて、減額に向けて交渉すると思いますが

自分がやったことを深く深く反省してほしいものです。

このような愚かな行為が二度と起こらないように。

こういった愚かな行為は結局値上げ等で消費者に返ってくるものである、ということを

我々消費者が自覚するきっかけになればよいな、と思います。

いつになく真面目に書いてしまった・・・・。

今日のところは、以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました